◯翔工房

紡ぎ、染め、織る。福岡県小郡市の田園風景の中にある、織り物の工房です。

住所
〒838-0113
福岡県小郡市山隈113-2
TEL 0942-72-8890
公式ホームページ
ツイッター
facebook
手紡ぎ手織りの翔工房通販サイト


◯SHOテキスタイル研究所

翔工房の教室の中から、より高いレベルでやってみよう!そう思った人の集まりです。それぞれが仕事を持っていたり、家庭をもっていたりと、暮らしの条件は様々ですが、週1回のライフワークを中心に、自分達で高め合いながら織りに取り組んでいます。
SHOテキスタイル研究所とは?
SHOテキスタイル研究所ブログ


◯作品2011年

6月
1.ストールベスト
2.シルクとリネンのストール
3.柿渋染めのれん
4.アイリッシュリネンストール
5.強撚マフラー

7月
1.麻タペストリー
2.絣のれん
3.藍染服地
4.薄手木綿ストール
5.コチニール・ストール

8月
1.手紡ぎマフラー
2.手紡ぎマフラー2

9月
1.手紡ぎマフラー3

12月
1.ラムウールマフラー
2.ひざ掛け
3.カシミヤマフラー

◯作品2012年


3月
1.玄関マット

◯つながり


九州ちくご元気計画
Bunbo 江副直樹
白水高広
テキスタイルスタジオ淑・椋本淑
てくてく堂・藤原みどり
書家・志賀禮花
洋画家・城戸佐和子
濱野太郎
クマクラ織機

カテゴリ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
最新の記事
クヌギとブルーベリー
at 2019-03-15 16:09
物語のある布
at 2019-03-04 14:55
後二日となりました
at 2019-02-25 10:23
搬入してきました
at 2019-02-20 22:35
粘土と布の二人展
at 2019-02-12 11:56
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
# by shokobo | 2009-08-05 06:08
クシュクシュストール
ここ2ヶ月ほど工房で人気のアイリシュリネンとちりめん糸を使った夏のストール。声掛けして集まった分だけ写真に撮ってみました。お湯につけると縮むちりめん糸は、細くて張りがあり織りにくいので、よこ糸だけに使う事を条件にしました。
出来上がりを想定して、ちりめん糸とアイリッシュリネンや綿などの縮まない糸をダンダラに織るので横縞ばかりですが、織り手が違うと表情も様々。
皆、初めて使うちりめん糸に戸惑いがあり、どうして縮むのか、段数による表情の違いを理解してもらうのに時間がかかりました。50cm幅程に織り上げたものをお湯につけるとちりめん糸だけが縮み30cm程のクシュクシュに変化するわけですが、私も想像してなかった風合いに驚きでした。写真を見てると染め場での皆さんの顔が浮かびます。どなたも自分のが一番いい出来と満足してると思います。アイリシュリネンの上品な風合いとなによりその涼しさは、夏の暑さや紫外線対策には優れものになりそうです。
グリーンのストールは本村さんの作で真っ白に織ったものを後染めしています。
お嬢さん用です。これまでにない風合いに大満足だったそうです。

6月24日 田篭みつえ

p1000479.JPG

p1000544.JPG
# by shokobo | 2009-06-26 00:06
藍の華
20090529a.jpg

爽やかな5月ももう終わり。工房も衣替えでウール類を片付けていたら藍染の糸を発見。織りの友人から頂いたもの。彼女は、織り歴は私と同じくらいだけど着尺を織っていた。伝統工芸展にも入選するほどの実力もあった。また、穏やかで心やさしい人柄に触れるたびに励まされ、ずっと大切に思ってきた人。数年前ご主人を亡くされてから気弱になった。着尺はやめるので機を処分したいと連絡を受け、譲り受けることになった。その後、糸がたくさん送られてきた。まだ糸が残っていたので使ってくださいとのこと。ご主人との別れで深く落ち込んでいた彼女の顔を思い出すと悲しくて、そのまま機といしょに倉庫にしまい込んでしまった。

20090529b.jpg

どうしたものかと彼女の作品を思い出しながら糸を見ていたら急に形にしておきたいと思った。どれも半端な糸だけど久留米の藍染屋さんで染められた藍の色がそれぞれに美しい。3.5k全部使ってひとつの形といえばノッティングかなと思った。あんまり好きな技法じゃないけれど、彼女の想いを形にと、織り始めてみると以外にもはまってしまった。糸の切り口が微妙に違い、まるで藍甕の中を覗いているみたいだ。それに絣部分の白がアクセントになって藍の色が生きているように感じる。藍の美しさにワクワクしながら一段一段織り進めている。
久しぶりに竪機にして織っているので工房生のみなさんにも体験してもらえていい勉強にもなっている。60cm×120cm位になる予定。彼女に見せたら喜んでくれるだろうか、それとも・・・
# by shokobo | 2009-06-01 05:06
竹田さんのオーバーショット織り
桜の花の散り始めを合図のように、木々が芽吹き始め、あっという間に緑、みどり、ミドリ・・・
工房の窓は緑に染まっています。風も爽やか。
すべてが心地よく、仕事もはかどります。
今、工房の流行は、アイリッシュリネンとちりめん糸を使ったクシュクシュ、しわしわの夏物ストール。皆、同じ素材を使いながらもそれぞれ違う表情に織りあがっています。  次回、写真で紹介したいと思っています。

今回は、工房生の竹田さんのオーバーショット織りを紹介します。
工房では、基本的なことしか教えていませんが、自宅でオーバーショト織りの伝統的な図柄に挑戦する都度、見せてくれました。その一部を写真に撮らせてもらいました。

p1000451_s.jpg
# by shokobo | 2009-04-27 02:04
たまねぎセコロジー
p1000425_s.jpg

FBS福岡放送:めんたいワイドに出演。
家計にやさしい生活の知恵『セコイ』と地球に優しい『エコロジー』を合わせて『セコロジー』  とか・・・
【エコで節約!お得な生活の知恵】ということで、たまねぎの皮や根を使うあれこれを紹介することになりました。

①着れなくなったカッターシャツを染めてランチョンマットに。
②皮を煎じて飲んで高血圧の予防に。
③切り落としたへたで窓をふくとピカピカ。
④ビンや缶のラベルのラベルはがし。

この4つのことを実演することに。染めは心配ないけど、それ以外は試したことないので不安だし疑問も。また「台所にある物を使って染めてください」とのこと。
台所そのものを片付けなければ恥ずかしい状態で、掃除するのを考えたら面倒になったのですが、断りきれませんでした。

カッターシャツの背中の部分だけを使って染めたものは横二枚に切って袋縫いにして仕上げましたがなかなか良かったです。柄物のシャツも染めたので、リバーシブルのランチョンマット2枚に。
番組の料理コーナーでつかいますと喜んでくれました。写真とってなかったのが
残念。

日頃、新しい糸や原毛ばかり染めてるけれど、捨てる物でもりっぱな物が出来る
んだと私の方が感心しました。
# by shokobo | 2009-02-06 07:02